練習方法(基本編)

【練習場では】
  1. ゴルフボールより少し内側にストばん を置きます。
  2. まず、ストばん を見ながら、数回素振りをします。 
  3. 頭が動くとストばん の模様が動きます。ストばん の模様が動かないようにスイングして、 
    頭を動かさずにスイングする感覚を、体に覚えさせます。
  4. ショットの際には、まずゴルフボールを見てください(中心視野)。そして、目の端(周辺視野)で少しだけストばん意識して、ボールを打ってください。
    ストばん安定感のままボールを打つことができます。素振りだけではなく、ストばんを置いてボールを打ってみてください。
周辺視野(イメージ)
(周辺視野、イメージ)


ストばん の分だけ、いつもより離れた立ち位置になります。背後には十分ご注意ください。
背後に余裕がない場合は、ゴルフボールの外側にストばん を置いてください。

【リビングでは】
素手で素振りをして、頭を動かさずににスイングする感覚をつかみます。
毎日の繰り返しが効果的です。

【コースでは】
ストばん は、コースのような傾斜地でも、ポンと置くだけで使えます
(公式な試合では使用できません。)