Voice Overlapping Method

言葉を聞き取るという行為は、耳で音を『聞く』過程と、それに続いて脳でその音に対応する言葉として『認識する』過程で構成されます。

音声は語句ごとに順次聞こえてくるため、外国語を聞く場合には、一単語ずつ逐語的に、聞く・認識する、聞く・認識する、を繰り返してしまいがちですが、それでは外国語のスピードについていけません。

外国語のスピードについていくためには、一単語ずつではなく、文章を『まとめて聞き・まとめて認識する』ことが必要となります。

 

Voice Overlapping Methodでは、文章中の一連の語句において、一つの語句の音声が終わらないうちに、並行して次の語句の音声が再生されます。

複数の語句の音声の重なったものを聞くので、それは必然的に『まとめて聞き・まとめて認識』することの直接的なレッスンとなります。